<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 31日
メダカ増えました、増えてました。
a0024504_0282792.jpg

そして睡蓮鉢も増やしてみました。
手前が元々のメダカ親たちの住まう家(貝も増殖中、ヒルもいる・・・)
真ん中がやや大きくなりつつあるこっこメダカ数匹。(日々成長、見るたび感動)
奥が一番小さいこっこメダカ数匹。(実はこれ、増えすぎたホテイアオイを移す目的で設置。で、気付いたらたくさん生まれてたっていう)

そして、相変わらず水のキレイさには驚きです。
ホテイアオイの根が活躍しているとかいないとか。すっごいなぁ。
私はというと睡蓮鉢の水が減ってきたら雨水を足すだけ。
そんなホテイアオイもぷくぷくっと元気、これも増えること増えること。
時々花も咲いちゃったりして♪

これらの美しい睡蓮鉢の世界を、スイスイっと泳ぐメダカたちを毎朝眺めるのが日課。
贅沢贅沢。
[PR]

by ebito | 2008-07-31 00:55 | いきもの
2008年 07月 26日
予告で泣けるぜ、ルーキーズ
ついに今日で最終回(2時間スペシャル)ですよっ。
ああ終わっちゃうなんて悲しすぎるぜ、ルーキーズ。
そんなわけで昨日今日とメンバー総出でいろいろテレビ出演してますが、
その度にドラマの映像とあの「キセキ」が流れ・・・
それはそれはもう涙涙涙なわけです。
ティッシューーー!(スタッフー的な)

さてさて今日の19時から2時間は誰にも邪魔させませんよ!
我が家の古ーいビデオデッキがいよいよ壊れてしまったもんだから、
「録画」の2文字は消えたのです。。。
見るしかないのです。その時に!

泣くぞー!
ゴー、ニコガク、ゴー!


ー23:12追記ー
秋に2時間スペシャル決定!さらに、映画化決定!だそうです。
やったー、またルーキーズに会えるのねー。
うひゃー楽しみー♪
[PR]

by ebito | 2008-07-26 09:46 | 雑の部
2008年 07月 22日
庭師はいりまーす
大きな鋏を手にし、現るはインチキ庭師。はい、私。
ボーボーに伸びた庭木をただただ直感のみで切っていきます。
丸くなるように、バランスよく。
a0024504_23293520.gif

庭木1本につき、気付けば2時間弱チョキチョキ。(時間を忘れる熱中ぶり)
ひたすら鋏を動かしているため二の腕プルプル、汗ダクダク。
よって、ビールうまうま(笑
おっと、話がそれた。

とにかく剪定面白い!
ここ数日で5本仕上げ、それらの仕上がり具合にテンション上がる上がる(笑
けっこうスゴいじゃーん、自分。

昔、庭から聞こえて来たじーちゃんの剪定鋏の音と重なった気がした、
そんな夏の夕暮れ。
[PR]

by ebito | 2008-07-22 00:14 | 雑の部
2008年 07月 16日
宮古島の旅、イヤササ編
沖縄といえば三線、島唄。これを聞かなきゃ損なのだー!
とかいいつつ、、、
宮古島の旅2回目にして初めて生で聞いて来ました。

お店の名は「ぶんみゃあ」。
オリオンビール片手に、三線の音色と唄に酔いしれること酔いしれること。
三線最高!!!沖縄最高!!!な夜。
途中でちょっとしたカチャーシー講座があるので、初めての人でも大丈夫。
イヤササー、アイーヤッ、アイーヤッ♪
会場がひとつになり盛り上がりも最高潮に。
a0024504_2034329.jpg
で、そのいい雰囲気を撮ってたら「ほら、踊るよー」と手をつかまれ・・・
直後、みんなで列になってカチャーシーで店内を一周してました(笑
踊らにゃ損損、な夜。
ああ面白かったー!
ちなみに、ステージの後ろには「すべての武器を楽器に」の文字。良い言葉だ。
(喜納昌吉氏の提唱するメッセージだそうです)


別の日。ホテルのすぐ近くの屋台村にて。
ここでもオリオンビール片手にまたしてもライブを楽しめるとは!
この屋台村では日替わりでいろんなアーティストの方がライブをしているとのこと。
この日は「ハーベスタ」という人たちのライブ。
ハーベスタはトーキョー出身のtestu、それからなななんと同じフクシマ出身だというkikiの二人からなる。
この遥か南の島でフクシマ出身の方と会えるとは。偶然という必然か。
話した感じも笑顔がナイスな良いにーちゃんって感じ。
さすがフクシマ人だねぇ。いいハート持ってそうで期待大。
頑張れやーい。


宮古島の素晴らしき暑い熱い夜に感謝!
オリオンビール万歳!
a0024504_2121435.jpg

[PR]

by ebito | 2008-07-16 21:22 | 宮古島の旅
2008年 07月 13日
宮古島の旅、ああ最終日
いよいよこの日が来ちゃいました、、、早いねぇ、やだねったらやだね。
最終日は海には入らずドライブでGOGO。東平安名崎へ。
a0024504_2092137.jpg
岬の先に佇む白く美しい灯台、初めて上まで上ってみました。が、
この暑さに加えて、内部は風も入らないため蒸し蒸し状態。
(窓はあるがガラスが埋め込まれてあり明かり取りのみ、風は入らず)
これから海に入る楽しみがあるなら良いのだけど、悲しいことに帰るのみ。
なのに自分・・・灯台内部でめっちゃ汗かいてます。ベタベータです。
それゆえいち早く上を目指し駆け出すのでありました。
酸素くれーーー。
a0024504_20303983.jpg
ぷはぁーーー。
目の前に現れた雄大な美しい景色、それから心地良い美味しい風!
うーん、頑張った甲斐あったなぁ。


次は宮古島から来間大橋を通って来間島へ。
a0024504_21202729.jpg
来間島の町並みはひっそりとしていて静か、それでいてそこかしこにハイビスカスやブーゲンビリアの花が元気に賑やかに輝いている美しい島です。
そして最終日恒例になりつつある、、、竜宮城展望台から絶景を拝んできました。
a0024504_20415756.jpg
奥が宮古島で、白く輝く美しい砂浜が与那覇前浜。
ここからの景色は何度見てもため息が出ます、楽園は確かにありました!


今回の旅では前半、高い波に2ヶ所の浜ではただただ見るだけという悲しい状況にショックを受けつつ、でもそれを吹き飛ばす楽しいことがたくさん起こって、何よりオイッコが熱を出したりせず元気に楽しく過ごせたので良かったです。
宮古島、たくさんのぬちぐすいをありがとう!!!
また行くから待っててねー。

(宮古島の旅、イヤササ編へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-13 21:42 | 宮古島の旅
2008年 07月 11日
宮古島の旅、3日目-後半-
さてさて、いよいよお待ちかねの池間島へ行っくよー!
今回はオイッコがまだ小さいため「八重干瀬ツアー」は断念・・・。
なので一番の楽しみは池間島でのシュノーケリングなのです。
a0024504_2313028.jpg
ここは池間大橋(宮古島側の駐車場)から大神島方面の眺め。。。
青く美しい海が遥か水平線までどぅわーっと広がっています。
そして左右のすんごい景色に見とれつつも事故らぬように橋を渡って、いざ楽園へ。

a0024504_23162275.jpg
ひゃー、この色この色♪
あれれ、泣き虫オイッコちゃんはいずこへ?
あまりの美しくも穏やかな、大きい海に早々に抱かれてましたとさ。
うんうん、めちゃめちゃ楽しそうではないかー。今までのは何だったの?
まあいいやオイッコよ、これが本来の宮古島なのだよー。
3日目にしてオイッコの海へのイメージがガラリと変わってくれて一安心なのでした。

ってことで、自分はシュノーケルシュノーケル♪
ここの海の中はやっぱりなんともいえない美しさで最高!!!
地球に生まれて良かったー、です。
(えーと、実際はもっともーっと透明で明るくて素晴らしい世界です。あとはみなさんの想像力で)
a0024504_23272399.jpg

a0024504_23321253.jpg

a0024504_23331678.jpg

a0024504_23413910.jpg


a0024504_23481828.jpg
最後はエンジョイ中のオイッコをfrogeyeで撮ってみた。さすがロモちっく。
あ″ーーー帰るのやだったらやだー。

(最終日へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-11 23:47 | 宮古島の旅
2008年 07月 08日
宮古島の旅、3日目-前半-
a0024504_2114052.jpg

宮古島の東側にある新城海岸へ。お初です。
今回の旅では初めて訪れる浜辺が多くてワックワク〜。
ここ新城海岸はすぐ近くの有名な吉野海岸とは違って、静かでのんびりとして良い感じでした。
波は驚くほど静かで、そしてそれはもう、それはもう遠浅。遠浅。(しつこい)
遠浅すぎてシュノーケルは奥まで行かないと出来ないほど。
逆に、オイッコには良かったりして。

ん?いつの間にやらちゃぷちゃぷ遊べるようになってるしー!
たまに笑顔が引きつってるけどそれはまあ見逃してあげて、と。
よっ、やればできる子!
ただ、珊瑚の上付近に近づくと怖がるオイッコ。
波の上からだと珊瑚が茶色く見えるため、どうやらその物体が動くと思っているらしい。
たしかに、上からだとそう見えちゃうかもね。
潜ってしまえばそこには美しい世界が広がってるんだけどね。
オイッコよ、早くシュノーケルできるよう頑張るのだー。何年後?

海の中はというと、
ひざ位の深さの所でも、足元にはイソギンチャクが元気にゆらり揺れていて、
そこにはカクレクマノミ一家が楽しそうに泳いでいてまさに「ニモ」の世界。
座り込んで顔突っ込んでしばらく観察しちゃいました。
で、こちらがそのカクレクマノミです!
じゃじゃーん!
a0024504_22572637.jpg

・・・ボケボケだし(泣
水中カメラ「frogeye」大活躍の予定だったんですが、どうやら興奮して近すぎちゃったらしい。
とりあえず、かすかに分かる程度のカクレクマノミ「ニモ」のあの色をお楽しみください。。。
あとは想像力で。

ああ、魚っておもしろ〜。
鳥類と通づるものがあります、美しいなぁ。

(3日目-後半-へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-08 23:43 | 宮古島の旅
2008年 07月 08日
宮古島の旅、2日目-後半-
中の島ビーチで程よく疲れた後、向かった先は・・・
どどーん!
a0024504_22444427.jpg
国内唯一のジェット機のパイロット訓練場、下地空港です。
美しすぎる海の上をド迫力で飛んできては着陸し、すぐにまた離陸。
タッチ&ゴーを繰り返していました、これにはかなり感動!
海へと伸びる桟橋がなかなかいい味出してました。
ちなみにすぐ横の海の色はこちら。
a0024504_23141790.jpg
ため息でます。。。


さてさて、そろそろカーフェリーで宮古島へ戻る時間。
独り占めのまーーーっすぐな道を港へとのんびり走らせます。
伊良部島のさとうきび畑に見とれながら。
a0024504_2326458.jpg

伊良部島、下地島、ありがとねー。

(3日目へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-08 00:02 | 宮古島の旅
2008年 07月 06日
宮古島の旅、2日目-前半-
宮古島からすぐ隣の伊良部島、下地島へ。
ここでは人生初のカーフェリーが待ち受けていて・・・。
話には聞いていたけど、ほんとに狭い所へ狭い通路を通ってバックで入れるんだね。
泣けてくるね。
心臓バクバクだったけどそこは顔には出さず強気に「フンフフン♪」な気持ちでゴー。
「右!右!はい戻して!ハンドルそのままで!・・・」
人から言われると、分かってることでも頭が混乱してきちゃうからさあ大変。
あれやこれやでなんとか無事に乗り込めてました。
よっしゃー!(タラララッタッタッター)←レベルUPの音で。


伊良部島に着いてまず向かったのは渡口の浜。
a0024504_1351810.jpg
がが、またしてもここも波が高め(泣
ここも穏やかで美しい浜らしいんだけどねぇ。
1日目の長間浜といい、どうやら南西の風が強くてその方角に面した浜辺は全部影響を受けているらしい。
さてさて、ガッカリしている暇などないよー。じゃんじゃん行くよー。


次こそ大丈夫、中の島ビーチへ!
a0024504_1321375.jpg
ここは湾状になっていて波が静かでシュノーケルには最高とのこと。
2日目にしてやっと海にありつけた感じでした。
左側から右側へ泳いでいくほど透明度が高く、魚もハッキリ。
久しぶりに浮く感じ、空を飛んでる感じ、気持ちいいなー。
さて、ここでのオイッコはというと・・・。
泣いてます。浜辺で泣いてます。もはや笑えません。
他のおこちゃまたちは近くで浮き輪で遊んでるぞー。
波打ち際ギリギリまでなんとか手を取っておびき出せてもすぐ戻る。泣く。
やっぱり怖いらしい。
1日1回は「もう帰りたい」発言してるオイッコなのでした(笑
果たしてオイッコは宮古島の海と仲良くなれるのか?!

(2日目-後半-へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-06 14:57 | 宮古島の旅
2008年 07月 05日
宮古島の旅、1日目
a0024504_20173326.jpg

「わーい、2年ぶりの宮古島だー!」

とはしゃいでまず向かった先は長間浜。
宮古島と来間大橋でつながった来間島にある浜です。
が、あれ?もしや荒れてる?数日前の台風の影響?
それに誰も居ないし。。。
シュノーケルしてみたかったんだけど、これはちょっと怖い。
おそらく海の中も見えづらいだろうし。
そんなわけで、この海を前にして渋々断念。


じゃあ次は宮古島に戻って与那覇前浜だー。
あそこはなんといっても穏やかだし綺麗だし間違いないでしょー。
・・・と思ってたら、
a0024504_216678.jpg
ムム、こちらも気になる波が・・・。
普通でしょーと思われるかもしれませんが、いつもはこんなじゃないのです。
オイッコとここで楽しく一緒にちゃぷちゃぷちゃぷ〜と思っていたけどぜーんぜんダメ。
向かってくる波を前に立ち尽くし泣きじゃくる泣きじゃくる(苦笑
もー全然入んないの。
綺麗でもやっぱ波が怖いんだろうな。
結局このあとはホテルに戻ってプールでオイッコのテンション上げに専念する姉、
と、ホテル前の透明度の低い海で悲しいシュノーケルタイムの私。
よし明日に期待しよう!

(2日目へつづく)
[PR]

by ebito | 2008-07-05 22:33 | 宮古島の旅